HOME > 給食用物資の紹介基本物資(主食)|基本物資検討委員会

給食用物資の紹介 基本物資(主食)|基本物資検討委員会

基本物資検討委員会

基本物資検討委員会とは??

  • 学校給食用基本物資(パン・米飯・めん)の品質向上と円滑な供給に向けた方策を検討するため設置しております。

構成員について

  • 教育委員会の方々や調理現場である給食センター長、栄養士さんによって構成されております。それぞれの視点からの意見を元に会は進行していきます。

主な取組み内容について

  • 郷土料理や県産品を生かした物資の開発
  • 選択できる規格の追加・変更
  • アレルギー物質を含む配合の見直し

近年の取組み実績について

◆パンについて

  • パン及びソフトスパゲティ式めんの小麦粉の配合を外国産小麦80%、愛知県産小麦20%に変更(平成15年度)
  • クロワッサンの取り扱い(平成15年度)
  • ソフトフランスパン、りんごパンの取り扱い(平成18年度)
  • ツイストロールパンの取り扱い(平成20年度)
  • あいちの米粉パン50の取り扱い(平成22年度)
  • ナン(県産麦入り)の取り扱い(平成27年2学期予定)

◆めんについて・きしめんの取り扱い(平成24年度)

  • 中華めんの取り扱い(平成15年度)
  • きしめんの取り扱い(平成24年度)
  • 従来品に新規格を追加(平成26年度)

◆米飯について

  • 愛知のさつま芋ごはん、枝豆ごはん、発芽玄米ごはんの取り扱い(平成22年度)
  • 愛知のさつま芋ごはんの塩分を1%に変更(平成25年度)
  • 五穀ごはんの取り扱い(平成26年度)
  • 従来品に新規格を追加(平成26年度)

  • HOME
  • プロフィール
  • 給食用物資の紹介
  • 食品の検査と衛生管理
  • 食育の推進と支援
  • リンク